« ラン(世界らん展2006)その2 | トップページ | 神代植物公園のバラ・その5 »

2006年6月15日 (木)

マテヤ・ケズマン

P1110906_1

セルビア・モンテネグロ代表のマテヤ・ケズマン。

セルビア・モンテネグロ代表はかって名古屋グランパスにいたストイコビッチが有名だが、

最近はスタンコビッチやコバチェビッチが知られています。 ケズマンは知られているのかよほどの

サッカーファンじゃないと知らないのではないかと思います。(+_+)

私がこのケズマンを知っていたのは、オランダのPSV時代ロッペンとのコンビを組んでいたときでした。

ロッペンがチェルシーに移籍した後も後を追うようにケズマンもチェルシーに移籍したが、チェルシーでは

PSV時代より出場機会がなく結局、出場機会を求めてスペインのアトレチコマドリッドへ移籍してしまいました。

若いのにひげがよく似合う、プレーを見る度真面目で謙虚な人だと私は思うが、どんな人だろうか興味が

あります。セルビア・モンテネグロ代表では一番決定力のある選手として怖い存在だと思い、

ワールドカップでは本当にオランダと当たって欲しくなかった人でした。

実際、オランダは守りの強いセルビア・モンテネグロ相手に1対0で勝ち本当によかったと思います。

ケズマンはワールドカップ予選で活躍したときと違って、元気がなかったような・・・・・

後半に交代されてしまいましたが、ホッとしたようながっかりしたような気持ちでした。

セルビア・モンテネグロという国が今回のワールドカップでなくなってしまいますが・・・・・

次のアルゼンチン対セルビア・モンテネグロではぜひケズマンの雄姿を見たいですね。

|

« ラン(世界らん展2006)その2 | トップページ | 神代植物公園のバラ・その5 »

サッカー・海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マテヤ・ケズマン:

« ラン(世界らん展2006)その2 | トップページ | 神代植物公園のバラ・その5 »