« スイカズラ | トップページ | 鉄砲ユリ »

2006年7月18日 (火)

ハナシノブ

P1120747 P1120748 P1120749

絶滅危惧植物として阿蘇の草原しか植生しない植物だそうです。        新宿御苑温室・7月2日

|

« スイカズラ | トップページ | 鉄砲ユリ »

山野草・高山植物」カテゴリの記事

コメント

にゃんぶさん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
正確な情報を伝えるのは私にとって難しいですし、本当に
苦手なのです。でも努力したいと思います。

投稿: わこ | 2006年7月18日 (火) 23:56

ハナシノブは絶滅危惧種です。

○植物の絶滅を防ぐために私たちに出来ること。
「欲しがらない」
売られている山野草の多くは、自生種を山取り(盗採)したものです。山取りされた山野草を「絶対に買わない」これが誰にでも出来る初めの一歩です。
絶滅危惧となったもう一つの大きな原因が、野生種と園芸品種との交雑です。わこさんがネットで調べて驚かれたように、世の中にはたくさんの園芸品種が出回っており、固有種が生育している地域では、交雑による遺伝的な攪乱という、2度と取り返しがつかない事態が起きていますので、趣味で園芸される方は、まず住まわれている地域の自然に目を向けてほしいものです。

○ハナシノブの自生地する草原を守るために出来ること。
「阿蘇の赤牛を食べる。」
経済の変化(輸入牛肉の自由化)によって、人の手(放牧や野焼き)によって数千年の間維持されてきた阿蘇の草原の環境が維持できなくなりつつあることが、ハナシノブが絶滅危惧となった大きな原因と言われています。
不思議に思われるかもしれませんが、おいしい上に、自然環境の保護に繋がるという、2度うれしい方法ですよね。


2つとも、消費行動として誰もが出来るシンプルな支援です。
(詳しくは『阿蘇草原自然再生』というHPをご覧ください)

○もう一つ私たちにできること。
「正確な情報をみんなに伝える」
きれいな花でした・・・、だけではなく、御苑の温室にハナシノブが展示されていた意味を私たちの『口コミ力』でみんなに伝えよう。

投稿: にゃんぶ | 2006年7月18日 (火) 20:24

chiemiさん、こんばんは。
新宿御苑のハナシノブは3鉢置いてありました。
鉢を置くスペースがあったので、あと数鉢ほどまた置くのかも
しれません。
ハナシノブはブログに載せたものだけだと思い込んでいたのに
他のハナシノブもいろいろあるのですね。
ハナシノブを図鑑で調べたらなく、ネットで調べたら種類の多さに
驚きました。うす紫より濃い紫とか花びらがやや小さいハナシノブより今回のハナシノブが上品でいいですね。(^_^)

投稿: わこ | 2006年7月18日 (火) 17:27

このお花、凄く良いですね。
立ち姿といい、咲き方といい、
色といい、、、、
見入ってしまいました。
お隣にもチラッと見える花びら・・・
何鉢かお持ちなのでしょうか・・・
羨ましい限りです。

投稿: chiemi | 2006年7月18日 (火) 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハナシノブ:

« スイカズラ | トップページ | 鉄砲ユリ »