« タヌキノカミソリ | トップページ | ツルキントラノオ »

2006年9月 7日 (木)

ナンバンギセル

P1140334 P1140338 P1140339

新宿御苑のホームページでナンバンギセルが見頃であることを知り、見たことがなかったので早速見に行って

きました。  日本庭園にある橋の上に自生しているススキに寄生していました。

ナンバンギセルは南蛮煙管と書くが、南蛮人がタバコを吸うパイプに似ていることに見立ててつけられたのが

由来。奈良時代から室町時代までは物思いにふけっているということから思い草と呼ばれていたが、

江戸時代になってからはナンバンギセルと呼ばれるようになったと図鑑に書いてありました。

ススキやみょうがなどに寄生する植物で、横向きに咲く淡い紅色の花です。       新宿御苑・8月27日

|

« タヌキノカミソリ | トップページ | ツルキントラノオ »

山野草・高山植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバンギセル:

« タヌキノカミソリ | トップページ | ツルキントラノオ »