« 京成バラ園のバラその4 | トップページ | 京成バラ園のバラその5 »

2006年11月11日 (土)

キイジョウロウホトトギスとキバナノホトトギス

P1140815

上下とも箱根湿生花園より・9月13日  ↑キイジョウロウホトトギス  ↓キバナホトトギス

P1140807

キイジョウロウホトトギスは紀伊半島に自生する、ジョウロウを上臈と書き高貴な黄色の花であることから

名前がついたと言われています。キバナホトトギスはあまり情報がなくて、知っているのは

九州で自生する、 黒い斑点があるぐらいだけしか分かりませんでした。どちらも園芸店で見られるよう

ですが・・・・山地自生より園芸店の方が多く見られますね。(゚o゚) 

下記のチャボホトトギス、シロバナヒメホトトギス、散斑ホトトギスも昭和記念公園・10月22日で見ましたが、

いずれも園芸店で見かけることが出来るようです。初めて見るものばかりですが・・・・・混乱しそう。(+_+)

P1150591

チャボホトトギス↑  シロバナヒメホトトギス↓

P1150593 P1150594

                                                       散斑ホトトギス↑

|

« 京成バラ園のバラその4 | トップページ | 京成バラ園のバラその5 »

ヒガンバナ科・ユリ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キイジョウロウホトトギスとキバナノホトトギス:

« 京成バラ園のバラその4 | トップページ | 京成バラ園のバラその5 »