« 宝船 | トップページ | 浜松城 »

2007年1月 3日 (水)

センリョウとマンリョウ

P1170533 P1170535

センリョウ↑神代植物公園・12月16日      マンリョウ↓フラワーセンター大船植物園・12月2日

P1160896 P1170537

神代植物公園・12月16日 ↓マンリョウの変種です。

P1170541 P1170544

正月の縁起物としてセンリョウ(千両)とマンリョウ(万両)があり、たいてい私はセンリョウを花屋さんで

買って部屋にいつも飾っています。

センリョウとマンリョウの区別は上記の通り一目瞭然で分かると思いますが、赤い実のつけ方が違います。

ネットで調べるとセンリョウはセンリョウ科の常緑小低木で、赤い実は鳥に食べられやすいため軽いから

名がついたと言われている、マンリョウはヤブコウジ科の常緑小低木で、鳥に食べられにくい、次の年まで

赤い実が残るので重い、ずっしりするということから名がついたと言われているようです。

|

« 宝船 | トップページ | 浜松城 »

山野草・高山植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センリョウとマンリョウ:

« 宝船 | トップページ | 浜松城 »