« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

路上パフォーマー!?

P1180522

今まで路上でアーティストがパフォーマンスすることを認めていませんでしたが、数年前に東京都が

ヘブンアーティストとして認めるようになってから天気のいいとき上野公園で見られるようになって

毎回美術館へ行く度、見るのが楽しみです。人間彫刻を見る度、パリで見た人間彫刻を思い出します。

ヘブンアーティストは観客からもらうお金が給料なので、少ないと気の毒な気がしますが・・・・・・・・・・。

日本人サラリーマン像の人間彫刻を見ると、よく観察しているなあと感心するばかりです。

白塗りの洋服や靴、携帯電話などはやはり白ペンキなのかな?寒い中でよくやってくれるし、これもまた

感心してしまいます。

P1180524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリの路上パフォーマー

Dh000058

パリのラファイエット・デパート前で自由の女神の格好をしたパフォーマーを見かけました。

何も動かず、ただじーっと立っているだけ。ユーロに変わる前だったので1フランのチップを入れたら、

ウィンクされてビックリ!(゚o゚) 写真を撮りそこなったけど、他の見物客がチップを入れてくれたので

またウィンクしてくれそのときにやっと撮りました。こういう路上パフォーマーを見ると、上野公園で頑張っている

人間彫刻ヘブンアーティストをいつも思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

大坊珈琲店

P1180676

大坊珈琲店は東京メトロ表参道駅を出て、交差点上にあります。 珈琲通には嬉しい、美味しい珈琲を

飲ませてくれるお店で、よく東京の名喫茶店として雑誌に載っていることが多いです。

P1180673 P1180674

三鷹にあるまほろば珈琲豆店のような温度と同じくらい低めで飲ませてくれるのですが、個人的に

少し熱めの珈琲がいいなと思います。大変失礼ながら、ぬるま湯であっという間に飲み終わってしまうので

珈琲をゆっくり飲む楽しみがなくなってしまうのが私にとってとても残念です。おまけに大好きな

ウィンナー珈琲もメニューにないのは残念ですが、やはり飲みたいな・・・・・。(>_<) 

P1180675

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エピデンドラム

P1180462 P1180502 P1180201

着生ランの一つであり、小花が花序をなすことが多い、色も様々で約800種あるのが特徴です。(゚o゚)

                                             千葉市花の美術館・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

上野東照宮の牡丹

P1180565

何十年も上野へ通っているにもかかわらず、未だに上野東照宮へ行ったことがありませんでした。(+_+)

上野東照宮は牡丹展が有名で行こうと思いつつ、なかなか行けずじまいでした。こりゃ、ダメですね。

たまたま上野駅で貼られているポスターで知り、やっと行きました。

P1180528 P1180529

雪が降ったほうが情景が味わえるのですが、味わいたいものですね。

P1180533 P1180534 P1180535 P1180540 P1180546 P1180585 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿その2

P1180232

師人↑神代植物公園・1月4日    秋の山↓神代植物公園・1月27日

P1180649 P1180650

太郎冠者↑ 赤腰蓑↓

P1180655 P1180656

花大臣↑                                            神代植物公園・1月27日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

椿

P1180638

初雁↑白露錦↓                            神代植物公園・1月27日

P1180640 P1180641

三浦乙女↑ 銀竜↓ 

P1180644 P1180646

鎌倉絞り↑ 加茂本阿弥↓        最近、あちこち見られる椿は種類が約200種以上と多いです。

P1180647

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンコスチリスギザンティア

P1180615

神代植物公園でたまに珍しいランを紹介してくれます。                 1月27日

P1180617 P1180619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

世界最速のインディアン!?

P1190075

最近、話題になっている「世界最速のインディアン」という映画を彼と見に行ってきました。

moroさんのブログ(http://blog.goo.ne.jp/xwing812tiefighter/e/19263741c69c7832e53b2af61d94348c)で

も紹介されています。この映画は実在の人物であるバート・マンローという人が1920年代のインディアンという

バイクに出会い、最速スピードを出したいという夢をずっと追いかけ続けつつ・・・63歳にて実現する話です。

P1190077

映画館で映画の撮影用に使われたバイクが展示されていましたが、写メールとかデジカメ撮る多くの観客が

たくさんいて、つい私も撮りました。(~_~;) バイクをよく見ると、腰痛持ちの私には無理な体勢だなあ・・・(+_+)

バイク技術に関しては誰にも負けないバイクバカ!である彼のバイクが20年たっても同じバイク

(GSX-R 7501型)をずっと使い続けているのですが、バート・マンローのように40年も持つか今後が楽しみ

です。                                               パンフレットより引用↓

P1190078

映画の中でバート・マンローが隣人の子供に「夢を追わない人間は野菜と同じだ」と語りかけたら、子供が

「その野菜は何?」と聞いたら「キャベツのようなものだ」というセリフが心に残りました。私も死ぬまで

前向きに、元気に、ひたむきに生き続けられるように夢を追い続けたいと思います。早く体調を整えないと!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

東京タワー

P1170805

東京都内からいろいろな角度で東京タワーを撮りたいと思います。  麻布十番周辺から撮りました。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

犬山城

愛知県犬山市にある現存最古の犬山城です。やっと国宝の城が出てきました。(~_~;)

P1180916 P1180902 P1180904

犬山城は何回登ったか忘れてしまいましたが、この城の階段を登るときミシミシとする音や展望台にある

フェンスが膝ぐらいまでの高さしかないため、風の強いときなど注意深く歩かないと転落してしまうスリルが

あって怖いので、古いもの好きの私にとってたまりません。おまけに木曽川が目の前を流れているため、

台風で被害になりそうな立地に建てているのがこの城のすごいところです。

犬山城は全国唯一の成瀬氏個人所領でしたが、財団に変わり、かっての閉鎖的な雰囲気より開放的な

雰囲気にだいぶ変わりました。この城に登って発見したのは、代々成瀬氏の殿様が渋かったことと

天災から城を守る為に古い杉が立って盾になっていることです。

P1180891 P1180899 P1180900 P1180901 P1180906_1 P1180908 P1180912 P1180913 P1180917 P1180918

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グロクシニア・シルヴァティカ

P1180281

一般的にはグロクシニアと呼ばれることが多いですが、別名がオオイワギリソウ、シンニンギアとも

呼ばれています。花は一重咲きから八重咲きと種類が多い、球根植物であるなど園芸品種が多く、

温室の女王とも呼ばれているようです。花言葉は美しい心、愛の喜びです。

                                           フラワーセンター大船植物園・1月7日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

シジュウカラ

P1180625

神代植物公園でシジュウカラ軍団?!に出会いました。

鳴き声は残念ながら私自身聞こえないため分からないので、調べるとピーピー、ツーツー、ツーピーだとか?

黒いネクタイのような模様と白い頬、背中がやや黄緑が特徴です。                1月27日

P1180623 P1180627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロタエギク

P1180482 P1170895

花は6月頃に黄色の花がまばらに咲く、約3センチ前後の花であるが私はまだ未見です。

花を咲かせると寿命になってしまうので早く摘み取るといいようです。

花より茎の葉が白い綿毛に覆われ、全体が銀色に見える、寒さに強く冬の寄せ植えや花壇によく使われる、

別名がダスティミラー、セネシオ・シネラリアです。                千葉市花の美術館・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

珈琲館

P1190016

国立駅南口から歩いて1分のところにある珈琲館。

失礼ながら、この喫茶店はチェーン喫茶店ですが、私が気に入っているのはそこでずっとお一人で

お客様1人1人に「いらっしゃいませ!」「ありがとうございます」「またゆっくりどうぞ!」など声をかけながら、

ご丁寧に一生懸命切盛りされていらっしゃるマスターさんのお人柄です。 とても素敵な方でした。

P1180575

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アザレア

P1180490 P1180491P1180495

別名がセイヨウツツジ、オランダツツジである、ツツジの仲間の中で開花が早く大輪咲きである、

日本のツツジより華やかな色の花を咲かせるのが特徴です。          千葉市花の美術館・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

プリムラ・ポリアンサ

P1180421 P1170869

プリムラ・ポリアンサは花の大きさが約7センチぐらいと大きく、色もたくさんあり楽しめる花である、

冬から早春に彩るのが特徴です。                           千葉市花の美術館・1月13日

P1170871 P1170910 P1170913

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンゴアブラギリ

P1180278 P1180279

南米産、トウダイグサ科の仲間で短い幹が多肉植物である、つぼのような形から生える、

先端に朱色の花が咲く、常緑ですが、乾期には落葉し、またよほど高温にしないと冬に落葉するのが

特徴です。                                   フラワーセンター大船植物園・1月7日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月19日 (月)

ラン

P1180181 P1180182 P1180183

東京ドームで行われる世界ラン展を見に行くのが楽しみです。行かなくちゃ!  板橋区熱帯植物館・1月4日

P1180184 P1180188_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルセオラリア

P1180456 P1180457

巾着のような袋状の花が咲く、本来は多年草ですが、寒さに弱い為日本では1年草として育てている、

名前は花の形からギリシア語のスリッパに由来しているのが特徴です。    千葉市花の美術館・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

マンサク

P1180556

今頃、見頃かもしれないですね。                   上野東照宮↑神代植物公園↓1月27日

P1180633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津若松城

Dh000001 Dh000002

7年ほど前に父の友人がペンションを経営されていらしたので、ペンションへ行くついでに会津若松城へ

行ってきました。あいにく城は改修工事でお休みだった為、中に入れずどのような構造かは残念ながら

分かりませんでした。(+_+)(>_<) またいつか行きたいと思っています。

雪の会津若松城は鶴ヶ城に相応しい呼び方ですね。この時期、会津は雪が降っているのでしょうね!?

Dh000003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウンナンサクラソウ

P1180447 P1180449

中国雲南省原産のサクラソウですが、ここ数年花屋さんで流行り始めたようです。まだ花図鑑には情報が

ありませんでした。 ネットで調べると、淡い桜色で清楚な花で春を訪れる花である、高さは20~40センチ、

葉は羽状に裂けるのが特徴です。                           千葉市花の美術館・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

パンジー

P1180413 P1180411

パンジーはビオラより大きい花で、花径が約7~10センチぐらい、花びらがビオラのようにピーンと伸ばした

感じではなくビラビラした感じでゆったりした状態、花の模様からフランス語のパンセが名の由来である、

1年草であるが寒さに強い花で冬によく見られる花です。            千葉市花の美術館・1月20日

P1180514 P1180406 P1180407 P1180412 P1180414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストック

P1180401

園芸で見られるのは八重咲き、野生で見られるのは一重咲き、花は茎先に多数まとまって花房をつくり、

下から順に咲きあがるのがストックです。由来はイタリアの植物学者のマッティオーリの名にちなんで

つけられたようです。                                  千葉市花の美術館・1月20日

P1180405

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

どんぐり舎

P1180290_1

西荻窪駅北口から歩くこと2分ぐらいのところにどんぐり舎があります。ここもレトロ風な建物で20年以上も

続いているようですが、なぜか若い人たちが多く憩いの場になっているようです。

さて、ウィンナー珈琲ですが、シナモンを渡されたのは初めてだったので、シナモンは入れない方が賢明です。

なぜなら失礼ながら・・・不味いです。(>_<)お店の方、ごめんなさい。

シナモンはない方がいい、やや酸味はあるものの、ウィンナー珈琲に物足りなく感じていますが・・・・・

カフェオレとか普通の珈琲の方が美味しいと思います。

P1180291_1P1180292_1   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福寿草

P1180621 P1180622

最近、あちこちで見られるようになった福寿草。春が待ち遠しいです。

花が咲き始める頃は花と茎だけ、花が終わる頃には細かい切れ込みが多く入った緑葉が展開するのが

特徴です。                                          神代植物公園・1月27日

P1180604

福寿草展があったので撮りました。 野生種↑ 下記は紅撫子・白寿・武甲白・野生の福寿草です。

P1180596 P1180599 P1180600 P1180601

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

デューラー・ハウス

Fh020023_1

ニュルンベルグはアルブレヒト・デューラーという有名な画家が生まれた所として地元ドイツでは有名です。

もちろん、デューラーハウスもこの彫像の近くにあります。室町時代から戦国時代にかけて生きた人ですが

自画像を残した人の中でデューラーが一番ハンサムだなあと思うのは私だけでしょうか?

デューラーの家は金細工職人一家の一人として生まれたが、金細工職人らしく必要な生活品しか

置いてないような質素な生活でした。絵画も展示されていましたが、当時はデジカメではなくカメラだったので、

撮ることはできませんでしたが・・・・・ルーブル美術館で見た絵画を載せようと思います。

Fh020024_1

ルーブル美術館で撮ったデューラーの自画像絵画↓   中途半端ですが、ドイツ関係はこの辺で。

Dh000028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの花屋さん

Fh020005

ドイツのミュンヘン(たぶん)で見た花屋さんです。観光に夢中になってしまい、花屋の店を見損なってしまい

ました。(+_+)市場にはこのような花屋が1軒あり、オランダもそうですが見るものを楽しませてくれます。

日本と同じようにチューリップやガーベラもあるのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツンベルギアサンダンス

P1180269 P1180270

つる性のキツネノマゴ科ですが、ツンベルギアのみあるいはヤハズカズラと呼ばれることが多いです。

                                          フラワーセンター大船植物園・1月7日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

ミュンヘン・マリエン広場

Fh010012_1

ミュンヘンの中心地にあるマリエン広場です。

市庁舎↓やたまねぎ教会など観光するにはここを起点すると動きやすいので便利です。

正午と夕方5時頃市庁舎を通りかかったところ、からくり時計塔の音楽が流れてきたので、音の大きさに

さすがにビックリしました。ビックリしすぎて、からくり時計が動いているところを撮り損なってしまいました。

Fh010011_1 Fh010010 Fh010016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデー!?

P1180422

彼に感謝の気持ちを込めて。                              千葉市花の美術館・1月20日    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

プリムラメラコイデス

P1170872 P1170873

別名がケショウザクラ、枝分かれが多く、小さな小花が数段にわたってつく姿は桜草に似ています。

                                       千葉市花の美術館・2006年12月28日

P1170893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュルンベルグの美しの泉

Fh020017

ニュルンベルグの中心に市場があり、そのど真ん中に美しの泉があります。

美しの泉は八角形の塔ですが、高さが約15メートル以上?(目線だからたぶん?!)、古代の神様の彫像が

たくさん入っています。塔の謂れはかなりド忘れてしまいましたが、有名なのは塔の鉄柵になんと

金の環っかがあり、その環っかを3回途切れずに自分で回して願い事を唱える、その願い事を1年間誰も

言わなければ、願い事がかなうと言うことです。

実際やってみましたが、環っかが高いところにあって手が届くためにつま先を高く上げて回さなければ

上手くいかないので手間取りました。(+_+)

Fh020016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

プリムラオブコニカ

P1180454 P1180464

別名がトキワザクラ、ヨーロッパの改良品種である、花径3~5㎝ほどの花が株いっぱいに咲く、

花色も淡い色合いがある、寒さに弱く、室内での日陰にも強く育てやすい、葉の腺毛からでる分泌物が

かぶれの原因になるのが特徴です。                         千葉市花の美術館・1月20日

P1180453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンフェンブルグ宮殿

Fh030014 Fh030012

ニンフェンブルグ宮殿はルートヴィッヒ2世とエリザベート皇后の一族であるヴィッステルスバッハ家の

離宮です。 ミュンヘン駅からトラムに乗って15分?ぐらいのところにあります。

女性の肖像画が多く、美貌の女性が多いのでしばしば立ち止まって見惚れていました。

おまけにこの宮殿は庭園がバカ広くて全部回るのに体力がいるので、のびのびできるところです。

いつかウィーンへ行く前に、エリザベート皇后の祖先であるヴィッステルスバッハ家を見る機会に

恵まれてよかったなと思います。

Fh030008 Fh030010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

ホーエンザルツブルク城

Fh040033

ジャーマンレイルパスを持っていると日帰りでミュンヘンからオーストリアのザルツブルクまで約2時間で

行けます。オーストリア・ザルツブルク市内中心地から歩いて行ける有名なお城です。

市内から城へ行くケーブルカーがあるのですが、私が行った当時はお休みだったような??気がします。

この城を見て、画家の東山魁夷がホーエンザルスブルク城を描いた絵を見たときとそっくりそのままだと思い

嬉しかったことがあります。 この城は11世紀頃に建てられて以来、修道院?か兵舎か牢獄として

使われた城ですが、敵に侵入されることもなくそのまま残って現在に到っています。

Fh000001 Fh000004_1 Fh000003 Fh000005 Fh000006 Fh000007 Fh000011_1 Fh000008 

7年前の11月21日はちょうど30歳の誕生日で海外で過ごしてましたが・・・ホーエンザルツブルク城内に

ある喫茶店でケーキをお店の人がチョコケーキをたっぷり?!おまけしてくれたこととモーツァルトの家で

ビールとお肉を食べて贅沢してました。(~_~;)

Fh000010 Fh010006

市内とモーツァルト像↓当時のモーツァルト像周辺は工事ばかりだったので景観はイマイチですが、

今は綺麗な景観になっていると思います。

Fh000033_1 Fh000034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リナリア

P1180459

リナリアはゴマノハグサ科の仲間である、別名がヒメキンギョソウ、寒さに強く冬を越して頑張って育つ花です。

                                               千葉市花の美術館・1月20日

P1180461P1180465 P1180467       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

たまねぎ教会?!

Fh040013 Fh040010

浦上天主堂の緑の先端部分であるタマネギのような尖塔とこちらのフラウエン教会尖塔は似ているような気が

しますが・・・・・こちらの方が15世紀ごろのゴシック様式の教会ですから断然古いです。

この尖塔に登るとミュンヘン市街が見られますが・・・・・ウルム尖塔で懲りたので登りませんでした。(+_+)

でも、市庁舎でエレベータに乗って展望台からタマネギ教会を見たので十分満足です。

Fh040012 Dh000143 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦上天主堂

Dh000066 Dh000071 Dh000073

長崎市にある浦上天主堂をどこかで見たことがあるなと思ったら、真ん丸い緑の尖塔部分が

ドイツのミュンヘンにあったフラウエン教会に似ていると思います。よく見るとこちらの方が柔らかくて

落ち着きますが、立ち入り禁止だったので中に入れないのはとても残念でした。

次の記事であるフラウエン教会とこの浦上天主堂を見比べて見て下さいね。 

Dh000075

浦上天主堂の前で見つけた小さな子猫ちゃんを撮りました。(~_~;)

Dh000068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

ベルリン大聖堂

Fh020008

雨が降っていたため薄汚く見えるが、立派なベルリン大聖堂です。

この大聖堂は博物館島から歩いてたまたま通りかかって知ったのですが・・・・・この大聖堂の地下に何と

鉄血宰相と呼ばれたビスマルク首相、フリードリッヒ・プロイセン大王と后妃、ホーレンツォレルン家一族

棺桶が置いてあるので、見た途端ビックリしました。歴史の教科書で学んだビスマルク首相ですが・・・

黒い立派な棺桶でデカイ!おそらく背丈が180センチ以上あると思うぐらいの大きさでした。

なぜ?こんなところに棺桶があるのだろうか?不思議ですが・・・ハンブルグで亡くなった後どのような経過で

ベルリン大聖堂に納められたか説明板がなかったので説明して欲しかったですね。

Fh020010 Fh020011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲でん

P1180570

珈琲でんは「散歩の達人・トーキョー喫茶時間」で知り、行ってみました。

JR鶯谷駅南口から歩くこと約5分のところにあります。

実は約10センチぐらいの厚さのトーストを使ったグラパンが目当てでおなかをう~んとすかせて行ってきた

のですが、注文して出来上がったグラパンがでん!と乗ってやってきました。

パンの中を切り取って中にクリームスープを入れて焼いたパンですが、カリカリとフワフワがマッチしていて

とても美味しく食べました。(^o^) 関西では食パンが厚い、関東では食パンが薄いですが、こういう厚くて

ボリュームのあるパンがずっと続いて欲しいですね。

P1180568 P1180569

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

ベルリンにある何とか公園?!

Fh010011

ジーゲスゾイレからブランデンブルグ門へ歩いて向かう途中、公園が見え

人が誰もいない、あまり手入れしていない美しい公園にしばらくの間、見惚れていました。

Fh010013 Fh010012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特大オムライス!?

P1160765

会社の人たちがオムライスが美味しい小さなレストランへ連れて行ってくれました。

その日に限ってものすごくおなかが減ってしまってつい大盛りオムライスを頼んでしまいました。(~_~;)

大盛りオムライスは2人前ぐらいの量で1500円以上もするので超高い!?オムライスですが、

ペロッと食べてしまいおなかもいっぱいで満足。オムライス大好きな彼のために自分で作るオムライスより

美味しい、なんて贅沢な食べ物だろうか。 いつかは彼を連れて行こうっと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

森鴎外記念館

Fh010034

ドイツ・ベルリンにある森鴎外記念館です。 2007年の今、街全体は綺麗になっているかも???

場所は旧東ドイツと旧西ドイツの国境あたりにあり、森鴎外が若い頃にドイツ留学していたときのアパートを

そのまま記念館としてフンボルト大学の日本語学科学生さんたちがボランティア運営しているようです。

そのまま入るのではなく、ピンポンを鳴らして中にいる学生さんを呼び出して入るのですが、中からの応答が

日本語でよかったと思いました。(~_~;)(~_~;)

Fh010033

日本語ガイドもあり、安心ですが、鴎外が使ったと言われる部屋に鴎外のデスマスクがあるのは驚きました。

デスマスクは津和野にある鴎外記念館も置いてあると思いますが・・・・・きっと譲り受けて保管しているので

しょうね。 私が行った時に限ってフンボルト大学の日本語学科に在学されている学生さんたちがあまり

いなかったので、一度お話しを伺ってみたかったのが心残りです。

Fh010031 Fh010032

たまたま通りかかって見つけたフンボルト大学↓とフンボルト像。

Fh020023Fh020024   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロウバイ

P1180338

あちこちでロウバイが咲いて見られるようになってきました。 

ソシンロウバイとロウバイの区別が分からず、同じように見えましたが・・・ネットで調べると

ソシンロウバイは花全体が黄色で中央部の色の変化のないもの、ロウバイが中央部が暗紫色であることで

区別できます。                             川口グリーンセンター・1月13日

P1180560

ソシンロウバイ↓   

P1180634 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

ジーゲスゾイレ

Fh010004_1

ヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」の舞台であるジーゲスゾイレ(Siegassaule)です。

ドイツ映画というと、ヴェンダース監督作品ぐらいしか思い浮かばなくて・・・他に「エス」もあるのですが

意外にドイツ映画は少ないかもしれません。

ジーゲスゾイレへ行くとき、横断歩道がないので車道の下をくぐって行く地下道があり、螺旋状の階段を

登るのだが、真ん中に空洞があって壁に寄りかからないと落ちるので怖かった覚えがあります。

壁はラクガキだらけで汚いですが、歴史が見えてくるのがいいです。(^o^)

Fh010007

てっぺんからベルリンの壁が豆つぶ状態ですが・・・ぼんやり見えます。↓

Fh010008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒボタン

P1180330 P1180329

ネットで調べると、緋牡丹と書いてヒボタンと読む、サボテンの仲間である、パラグアイ原産のサボテンを

我が国で品種改良して出来上がったサボテンである、葉緑素をまったく持たないため全体が赤く、

台木に接ぎ木をして育てられる、高さは約3~5センチぐらいで小さいのが特徴です。

由来は赤い花に見えるからヒボタンと名づけられたようです。ところでパラグアイ原産のサボテンは

どんなサボテンでしょうか?知りたいものです。              川口グリーンセンター・1月13日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

ウルム大聖堂

Fh030021

ドイツで一番大きいウルム大聖堂。ミュンヘンから電車で1時間半ぐらいで行けるところです。

ウルム中央駅から歩くと約10分?!、駅から丸見えなので大きいことがよく分かる思います。

Fh030036

外観の写真をあまり撮ってなかったので迫力ないように見えますが、実際行くと本当にでかくて

なかなかカメラの中に納まることができませんでした。当時はデジカメがまだ普及してなくて、

手持ちのカメラで旅によく使いました。教会というと神聖なところでフラッシュを炊くのが失礼な気がして

恐る恐る撮ったものでした。

Fh030025 Fh030030 Fh030032 Fh030031 Fh040001 Fh040002 Fh040006

尖塔に登るとき、高所恐怖症であることをうっかり忘れそのまま登ったけど、途中気がつき、怖くなってしまいま

した。螺旋状の階段と壁窓の隙間風がひゅうひゅう吹いてきて怖くて、帰りたいと思い泣きながら1時間以上

かかって何とかてっぺんまで登りました。(~_~;)塔のてっぺんからドナウ川、ウルム市街が見える、晴れた日に

はアルプス山脈が見えるが、この日は雨だったので見えませんでした。

下に下りるまで足がガクガク、やっと出口に着いた途端、放心状態の私はベンチでぐったりしていました。

後になって塔の高さが143メートル、階段の数が768段であることをガイドブックで知り、絶句。

ウルム大聖堂の尖塔はこれで勘弁・・・(+_+)

Fh030037 Fh030035 Fh040004

ウルムと言えば、アインシュタイン博士とロンメル将軍の出身地であることとドイツ語の早口言葉が有名で

NHKラジオドイツ語講座を習ったとき知りました。

In Ulm und um Ulm und um Ulm herum.(イン・ウルム・ウント・ウム・ウルム・ウント・ウム・ウルム・ヘルム) 

訳は「ウルム市の中で、ウルムのまわりで、そしてぐるっとウルムのまわりを」です。ややっこしいですが・・・

果たして言えるだろうか?(~_~;)(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネーブルオレンジ

P1180314

このネーブルオレンジを見たとき、思わず手に取って食べたくなります。(~_~;) いつも思うのですが、

植物園にある果物の木は果実がなったとき、どう処置するのでしょうか?そのまま腐るまでほったらかすか

取って食べるのかも?どっちかな? さて、ネーブルオレンジですが、ネットで調べると常緑低木の柑橘類

果実である、果頂部にへそがある、スイートオレンジで、多くの品種があり、世界で広く栽培されています。

ジュースなどに利用され、日本では静岡県が生産日本一です。最近のスーパーではカリフォルニア産が

多く見られるが、我が国も負けて欲しくないですね。              川口グリーンセンター・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

カイザーウィルヘルム教会

Fh010026

ここ最近、体調があまりよくなくて植物園へ行けず冬眠状態。(+_+)

花ネタを出そうと思いつつ・・・・・ドイツに行ったときのなつかしい写真ネガが出てきてそれをCDに

してもらったので当分の間、ドイツ写真を紹介します。 7年前にドイツ1人旅したとき、ベルリン、ミュンヘン、

ニュルンベルグ、ウルム、オーストリアのザルスブルク、フランクフルトとジャーマンレイルパスを使って

10日間ほど周遊してきました。

Fh010020_1 Fh010022Fh010023

ドイツのベルリン中心であるZOO駅近くから歩いて2・3分のところにあるカイザーウィルヘルム教会です。

近代的な建物だけ並ぶ中で唯一この教会だけは第二次世界大戦時に焼け残ったもので

地元の人たちの間で二度と戦争を起こさない為に保存しようということで60年以上たった今もまだ残って

います。ドイツへ行った当時は怪しい?!ドイツ語をかじっていましたが、確か説明には19世紀ごろにいた

ドイツ皇帝であったウィルヘルム1世が亡くなった後に、鎮魂のために建てられた教会だったような???

気がします。すっかりドイツ語をド忘れてしまい役にたちません。(+_+)

Fh020028 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三波川冬桜

P1180306 P1180307

この桜を見たとき、10年以上前に友人に連れられて群馬県藤岡市にある群馬鬼石桜山公園にある桜を

一緒に見たことを思い出しました。友人曰く、「テレビニュースで冬桜が満開だから一緒に行こう」とのこと

で連れて行ってくれたのですが、まさかこんなところに冬桜がたくさん咲いているとは思わず、

春と冬2度の桜見物を楽しませてもらいました。友人に感謝!

さて、三波川冬桜は藤岡市のホームページを引用すると「明治41年、当時の三波川村で戦勝を記念して

国有地であった山林を買い取り、約5haの土地を公園化したのが始まりです。その中へ1,000本の

桜苗(ソメイヨシノ)を植えたところ、数年後の11月に突然開花したことから、注目されるようになりました。

フユザクラは別名コバザクラ(小葉桜)と言われ、ヤマザクラとマメザクラの雑種と推定されています。」と

紹介されています。三波川冬桜の苗木を少し持って各地の植物園で見られるのかもしれません。

                                           川口グリーンセンター・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

DANTE

P1180383 

西荻窪駅南口から歩いて2分ぐらいのところにあり、私がいつも行く近所の喫茶店であるDANTE。

過去にもブログ記事に出したのですが、おさらいします。

そこは私の大好きなウィンナー珈琲があり、来店する度いつもウィンナー珈琲を飲むので何も言わなくても

マスターが「ウィンナーだね」とおっしゃって作って下さいます。

このウィンナー珈琲に出会う7年ほど前まで飲んだウィンナー珈琲の中で一番美味しかったので、嬉しかった

ことを思い出します。ホイップの量感と酸味の全くない珈琲のバランスのよさが素晴らしいです。

甘いものが大好きな彼がウィンナー珈琲を飲みたいと言ったので、連れて行ったところ彼もウィンナー珈琲が

すっかり気に入ってしまい以来、二人で行くときはいつもウィンナー珈琲を飲んでいます。

P1180385 P1180386

うす暗いランプを使ったレトロ風の喫茶店ですが、マスター曰く30年以上も続けていらっしゃるとのこと、

いつもクラシックかジャズの音楽が流れる中で美味しい珈琲が飲めるのがぜいたくなひと時です。

お客様の注文に答えてから丁寧に珈琲を作るマスターですが、珈琲を半分残すとマスターに怒られるので

珈琲の嫌いな人にはあまりオススメいたしません。珈琲にこだわっている方ならこの喫茶店はオススメです。

P1180009_1 P1180013 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クスノキ

P1180300 P1180302

冬でも緑の葉が見られるクスノキは神社や植物園、公園などで見られますが、見るたびに大きくなっていく

ような気がします。枝や葉に樟脳の臭いがするようだが、あまり臭いがしないので???でした。

常緑樹である、葉の寿命が1年間で春には前年の古い葉っぱが落ちて新しい葉が出る、5月頃に白い花

秋には黒い果実が出る、防虫剤や医薬品に使われている、別名がなんじゃもんじゃ、

アゲハ蝶はクスノキの葉を食べて育つのが特徴です。 クスノキといえば楠木正成を連想してしまいますが

楠木一族がクスノキを好んで姓名にしたと言われているようです。     川口グリーンセンター・1月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

ビオラ

P1180346

川口グリーンセンターにあるたくさんのビオラです。                     1月13日

P1180340 P1180344 P1180345 P1180347 P1180350 P1180349 P1180352 P1180354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドゥン

P1180243

新宿御苑にある温室でこの花がありましたが、つぼみだったのでまだ咲いてない状態でした。

神代植物公園温室でこの花を見つけることが出来たのでラッキー!

ハイドゥンをネットで調べると、カイドウ(海棠)の意味で、ベトナムでは旧正月を祝う花です。

花の直径はだいたい6センチぐらいだが、花びらが厚く、花びらが多いのでボリューム感があります。

                                                   神代植物公園・1月4日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

タカノフルーツパーラー

年末ジャンボ宝くじがなんと3000円当たった!ので、ご褒美に彼と新宿駅にある地下鉄ビルメトロ食堂街で

私はマンゴーパフェ、彼はいちごパフェを食べました。 美味しかった~!!\(^0^)/

高野本店にある喫茶店やバイキングもオススメですが、やはり気軽に行けるところが地下鉄ビルの方です。

本店は10分ほど待たされるので、なぜか緊張してしまいます。なんでかな?

P1180296

イチゴパフェ↑とマンゴーパフェ↓

P1180297

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハナナの満開

P1180397 P1180398 P1180400

昨年見たハナナが満開で春の訪れを感じつつ・・・・・早く来ないかな?     千葉市花の美術館・1月20日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »