« ドイツの花屋さん | トップページ | 福寿草 »

2007年2月15日 (木)

デューラー・ハウス

Fh020023_1

ニュルンベルグはアルブレヒト・デューラーという有名な画家が生まれた所として地元ドイツでは有名です。

もちろん、デューラーハウスもこの彫像の近くにあります。室町時代から戦国時代にかけて生きた人ですが

自画像を残した人の中でデューラーが一番ハンサムだなあと思うのは私だけでしょうか?

デューラーの家は金細工職人一家の一人として生まれたが、金細工職人らしく必要な生活品しか

置いてないような質素な生活でした。絵画も展示されていましたが、当時はデジカメではなくカメラだったので、

撮ることはできませんでしたが・・・・・ルーブル美術館で見た絵画を載せようと思います。

Fh020024_1

ルーブル美術館で撮ったデューラーの自画像絵画↓   中途半端ですが、ドイツ関係はこの辺で。

Dh000028

|

« ドイツの花屋さん | トップページ | 福寿草 »

地域・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デューラー・ハウス:

« ドイツの花屋さん | トップページ | 福寿草 »