« ビオラ | トップページ | DANTE »

2007年2月 3日 (土)

クスノキ

P1180300 P1180302

冬でも緑の葉が見られるクスノキは神社や植物園、公園などで見られますが、見るたびに大きくなっていく

ような気がします。枝や葉に樟脳の臭いがするようだが、あまり臭いがしないので???でした。

常緑樹である、葉の寿命が1年間で春には前年の古い葉っぱが落ちて新しい葉が出る、5月頃に白い花

秋には黒い果実が出る、防虫剤や医薬品に使われている、別名がなんじゃもんじゃ、

アゲハ蝶はクスノキの葉を食べて育つのが特徴です。 クスノキといえば楠木正成を連想してしまいますが

楠木一族がクスノキを好んで姓名にしたと言われているようです。     川口グリーンセンター・1月13日

|

« ビオラ | トップページ | DANTE »

木の仲間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クスノキ:

« ビオラ | トップページ | DANTE »