« ウルム大聖堂 | トップページ | ジーゲスゾイレ »

2007年2月 6日 (火)

ヒボタン

P1180330 P1180329

ネットで調べると、緋牡丹と書いてヒボタンと読む、サボテンの仲間である、パラグアイ原産のサボテンを

我が国で品種改良して出来上がったサボテンである、葉緑素をまったく持たないため全体が赤く、

台木に接ぎ木をして育てられる、高さは約3~5センチぐらいで小さいのが特徴です。

由来は赤い花に見えるからヒボタンと名づけられたようです。ところでパラグアイ原産のサボテンは

どんなサボテンでしょうか?知りたいものです。              川口グリーンセンター・1月13日

|

« ウルム大聖堂 | トップページ | ジーゲスゾイレ »

サボテンの仲間」カテゴリの記事

コメント

fumikaさん、こんばんは。
仰るとおり、サボテンは温室育ちです。
寒さに弱いので、外に置くと冬を越せるかどうか
枯れてしまうかもしれません。
家の中に入れて、日当たりのいいところに置くと
いいでしょう。
ところで、サボテンの中心辺りが茶色っぽくなっているとのこと、これはヤバイかもしれません(゚o゚)
病気になっているかあるいは枯れ始め兆候かもしれないので
栄養剤ではなくサボテン用の薬をご用意されるといいでしょう。
サボテン用の薬の名前が分からないので、一度花屋さんに
ご相談されてみて下さいね。

投稿: わこ | 2007年2月 8日 (木) 21:32

こんばんは。
風邪は長引いているようですね。
やはりまだ2月は寒いので油断禁物です。
このサボテンは温室育ちなのですか?
我が家は寒いのうえに、育て方も分からず冬に栄養剤を突き刺していたので、
大半が枯れてしまい、現在は2種類のみになってしまいました。
しかし、そのうち1つは中心辺りが茶色っぽくなってきています。
暖かくなったら土や肥料などをあげてみようと思っています。
お体お大事になさってくださいね。

投稿: fumika | 2007年2月 7日 (水) 20:43

fumikaさん、こんばんは。
風邪がまだ継続中です(>_<)
サボテンはあまり水をやらない方がいいです。
冬は1ヶ月に1回程度で水やり、日当たりのいい場所に置くと
上手く育ちます。夏なら1ヶ月に2回程度の水やりがいいです。
おまけに寒いところは外に置くと弱ってしまうので
室内に入れたほうがいいです。
このヒボタンは温室内にあって、日当たりがいい空間で
育っていました。
我が家も月下美人と金のなる木を今室内で育てています。

投稿: わこ | 2007年2月 7日 (水) 00:19

すごく可愛い~。
なんだかヒトデというかクラゲというか、
こんなに沢山あると海に浮かんでる感じがしました。
以前、伊豆サボテン公園のお土産でもらったサボテンの鉢に、
この可愛いサボテンがいましたが、既に枯れてしまいました…
これは外の庭?に埋めてあるのでしょうか?
暖かくなったら同じ鉢に入れたいです…
サボテンって育てるの難しいのかな?

投稿: fumika | 2007年2月 6日 (火) 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒボタン:

« ウルム大聖堂 | トップページ | ジーゲスゾイレ »