« ヤマザクラ | トップページ | 駒繋 »

2007年4月26日 (木)

アテツマンサク

P1190137 P1190138

マンサクはマンサクとシナマンサクぐらいしか知らず、アテツマンサクは初耳でした。こりゃ、勉強しないと(+_+)

よく知られているマンサクは関東以西から九州に広く分布し、若葉の星状毛は早期に脱落するが、

アテツマンサクは中国地方から九州に分布している、褐色の毛が残る点で区別されるとネットに書いて

ありましたが、分かりにくいです。(+_+)アテツマンサクは植物学者の牧野富太郎が岡山県の新見市山中で

発見して、地名をとって名づけられたのが由来です。きっと高知の牧野植物園にはあるのでしょうね。

                                                多摩森林科学園・3月8日

|

« ヤマザクラ | トップページ | 駒繋 »

木の仲間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アテツマンサク:

« ヤマザクラ | トップページ | 駒繋 »