« サラカ・タイピンゲンシス | トップページ | ユキワリイチゲ »

2007年5月25日 (金)

有明と大提灯

P1210048 P1210049

有明↑大提灯↓                                      神代植物公園・4月7日

P1210051 P1210053

有明は、花びらの外側が淡いピンクであり、白い花が咲く、大輪で一重咲きの中に花が数枚重なっている

半八重咲き状態、花びらが5枚だったり、7枚8枚だったりすることがあります。東京にある荒川堤のサクラが

原木で別名が関東有明とも呼ばれます。サトザクラとオオシマザクラの雑種です。

大提灯は荒川堤にあった桜が原木でサトザクラの品種、大輪、半八重咲き、淡い紅色と白の花が咲く、有明

よりやや大きい花である、大きな花が垂れ下がっている姿が提灯に似ていることから名がついたのが特徴

です。

P1210088

|

« サラカ・タイピンゲンシス | トップページ | ユキワリイチゲ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有明と大提灯:

« サラカ・タイピンゲンシス | トップページ | ユキワリイチゲ »