« チューリップその2 | トップページ | 巻誠一郎 »

2007年6月 3日 (日)

いろいろな桜その7

P1210289

市原虎の尾↑ 京都市左京区市原にあり、虎の尾のように枝にたくさんつくことから西本願寺宗主であった

探検家大谷光瑞というお坊さんによって名づけられた桜、中輪、白い八重咲きの桜です。

P1210281

帆立↑オオシマザクラの交雑種、花が海上を走る船の帆のように見えることから名づけられた、一重咲きで

白いやや大輪の花です。

P1210284

八房桜(ヤツブサザクラ)↑ヤマザクラの交雑種、茨城県雨引観音にある桜が原木であると言われています。

P1210286P1210288 

従二八重桜↑半八重咲き、大輪、うすい紅色の花、花びらのまわりにギザギザが見えます。

糸括↓八重咲きで大輪、ピンクの花がたくさんボール状のようにつきます。

P1210296

手弱女↓京都市平野神社にある桜が原木、八重咲きでうすいピンク色の花で大輪です。

P1210299

|

« チューリップその2 | トップページ | 巻誠一郎 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな桜その7:

« チューリップその2 | トップページ | 巻誠一郎 »