« 千葉城!? | トップページ | エビネ »

2007年7月12日 (木)

ムサシアブミ

P1200647 P1200648

図鑑によると本州各地の林内に生える多年草、サトイモ科の仲間、大きな葉が2枚出る、茎の先につく

仏炎苞の上端が筒口にかぶさり、その形を乗馬用の鐙に見立ててつけられたのが由来です。

                                                   昭和記念公園・4月4日

|

« 千葉城!? | トップページ | エビネ »

山野草・高山植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムサシアブミ:

« 千葉城!? | トップページ | エビネ »