« 山野草のいろいろ・その3 | トップページ | カラコロ大黒 »

2009年11月 8日 (日)

ゲンノショウコ

Dsc07925

ネットで調べると、ゲンノショウコはフウロソウの多年草、花や葉を煎じて薬として下痢止めに効く植物と言うこと

から、漢字で現の証拠と書く、別名がミコシグサです。タチフウロとかアサマフウロなど似たような花を見つける

とゲンノショウコと間違って認識してしまいそうです。(*_*)               神代植物公園・10月10日

|

« 山野草のいろいろ・その3 | トップページ | カラコロ大黒 »

山野草・高山植物」カテゴリの記事

コメント

よっしーさんもゲンノショウコを子供の頃に飲んだことがあるのですね。
私も祖母が煎じていたお茶でよっしーさんと同じく飲みづらかった記憶が
あるのですが・・・・・忘れてしまいました。(+_+)
風邪ひきそうな予感がするので、もう寝なきゃ!!ではでは。

投稿: わこ | 2009年11月12日 (木) 00:43

ゲンノショウコって可愛いお花なんですね。初めてみたかも・・・。ゲンノショウコは子供の時お腹の弱かった私は、毎日母がお茶に煎じてくれて飲んでいました。味は覚えてませんが、結構飲みづらいとか。お陰で少しはお腹丈夫になったかも。。。

投稿: よっしー | 2009年11月11日 (水) 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲンノショウコ:

« 山野草のいろいろ・その3 | トップページ | カラコロ大黒 »